HOME >  IRRSGについて

IRRSGについて

名称
国際資源&リサイクル研究会
(英文名:International Resource & Recycle Study Group)
活動紹介
2005年に同志数名で発足し、「国際リサイクル研究会」として、称懇談会という形で各種業界情報の交換を行う。当初はレアメタル系中心の茶話会的な集まりからスタートし、会名も「国際レアメタル&リサイクル研究会(International Raremetal & Recycling Study Group)」だった。
その後、レアメタルのみならず、自動車、電池、E-Scrap、中国環境規制問題など様々なテーマを取り扱うようになったことから、2017年より現在の名称IRRSG(International Resource & Recycle Study Group=国際資源&リサイクル研究会)に改名。
時のテーマに合わせて、あくまでも現場現物現実に精通した専門家に語ってもらい、闊達なWORKSHOPを展開している。
各WORKSHOPの参加企業数は、平均100名~150名。
業界の垣根、国境も超え、あくまでOPENに、表面的ではない、より深い、深層真実に迫る討論会を会のモットーとしている。
主な講演会

2005年~2014年の講演会はこちら

2015年
第1回新春例会 インド鉄鋼事情&逆オイルショックの波紋&アンチモンの供給リスク&資源エネルギー
第2回例会 マクロ経済・リサイクル・ステンレス<7/9>
第3回例会 E-WASTE SUMMIT1<8/20>
第4回例会 自動車リサイクルサミット1<10/16>
第5回例会 来るべき2016年をバイオリンの調べとともに語る<12/10>

2016年
第1回例会 波乱の2016年を読む マクロ経済&商品市況<2/23>
第2回例会 自動車リサイクルサミットⅡ<5/30>
第3回例会 E-WASTE SUMMIT Ⅱ<8/19>
第4回例会 来るべき2017年をバイオリンの調べとともに語る<12/26>

2017年
第1回例会 RECYCLE&ENERGYサミット1<3/30>
第2回例会 自動車リサイクルサミットⅢ<7/5>
第3回例会 E-WASTE SUMMTⅢ with ALBA<10/2>
SPECIAL講演 雑品スクラップ サミット in TOKYO<11/6>
第4回例会 ステンレス、電炉鋼、電極市場2017年総括&18年見通し<12/8>

2018年
第1回例会 リチウムイオン電池の過去現在未来LiB SUMMIT1<1/29>
第2回例会  リサイクルシンポジウム 進化変化するリサイクル業界の今 <4/12>

事務局挨拶

IRRSG会には、鉄鋼、非鉄金属、レアメタル業界の第一級の専門家、学者を始め、官庁、メーカー、リサイクラー、商社等、その他様々な業種の方々が参加しております。IRRSGの原点である異業種交流会によって、従来の垣根を越えた商交流も数多く生まれております。
年間5~7回行われております例会では、幅広いテーマの講演会&交流会が開催され、明日の高度技術社会の未来を考える議論を展開しております。業界を問わず多くの方々のご参加をお待ちしております。

ページ上部へ